ちょっぴり困ったこと、堪えたこと。その2

今度は心療内科、精神科に通って堪えたことを書こう。

上司と先輩の理解を得て通えている病院なので
相談も兼ねて、2人には現状を報告している。

相談しているときに、色々困ったことや気づいたことを話していると
「ちょっと違うから、突破口を見つける為にも行くことはいいこと」
「生活出来てるから、過剰に気にすることはない」
「普通だったらこんな風に考えるから、そこですれ違いが起きて苦労しているかもね」と言われると
過剰に「あ、自分はやっぱり頭の回転がちょっと鈍いのかな。普通じゃないのか」と気にしてしまう。

普通なんて生きてる人間が10人いたら10通りの普通があるんだよ!と思うのですが
普通。とか、気にすんなと言われるほど気にしてしまうチキンな自分であります。
仕事で困ってることがある以上、自分の普通は普通の範疇を超えているのかな。ってね。

病院に通っている間、「普通ってなんだ」と悩み続けるんだろうな。私。