電話こわい

突然だが、私はものすごく電話が怖い。
怖いと思うようになった決定的な出来事を書いてみようと思う。

家族からの電話に気づかず、一時間後にかけ直した時があったんだが
「遅い」という超・短文メールが来て、向こうから電話が掛かってくることはついぞなかった。
一時間って遅いか?遅くはないと思うぞ。
「この子にも事情があるから仕方ない」って発想は相手にないみたいだ。
と思うと、そんな人の考えや都合に合わせて電話に出たところで自分が消耗するので、その人の電話は無意識のうちに拒否してしまった。
同時に、電話が怖くなった。

プライベートでは、急いでるなら、用件メールしてください。留守電入れて下さい。気づいた時点でかけ直します。が私のスタンス。
だって相手にも都合あるし、ずっと携帯握ってるわけじゃないしね。
ケータイが必ずしも「すぐ繋がる」ものと思うなよ!
こっちにも「出ない」という自由はあるのだよ!がワタシの考え。

事情はよく解らないが、世の中それではダメな人がいるらしい。
このスタンスは、ダメ出しされるようなスタンスなのだろうな。
誰か教えてください