最近、驚いたこと

会社で、「ちょっと皆の意見が聞きたい」的な軽い話し合いの場において、
いくつかの選択肢のなかから1つ「自分がいい」というものを選ぶというシチュエーションの時
「選ぶときは○○を目安にして選べ」という指示が別に補足として追加されたとする。

私「目安はあくまで目安だから、ちゃんとした理由を説明できれば、目安を無視して素直に自分がいいと思うもんを選んでもいいよね(σ*´∀`)」

という考えで自分がいいと思うものを選んだら

「お前、話聞いてないな(`Δ´)」

といわれて、シュン( ´-ω-)となる。という状況になることが、まー、結構たくさんあった。
軽く聞かれる程度なら、言葉を深読みする必要なかろう。と思っていた私。
「目安=絶対条件だったら、はじめから言ってほしい」
と、少し立腹していた。


そんなある日、「ひょっとして、周りは目安って言葉をそのままの意味で受け取らずに、『目安=絶対条件』と解釈して動いていたの?*1
という不安に刈られ、そっと聞いてみたところ

「そうだね、基本はそう考えているよ」

と、言われた。そして最後に

「その人の性格も考えて『この人は言葉を額面通りに受けとっていい人かどうか』考えたうえで、答えを考えている」という真実も知って

「ほんまですか、皆、そこまで考えてるのか((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル」
って驚くと共に、自分の空気読めなさぶりに、今泣きそうになってる

*1:゚□゚;