読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

九州弁にビビる

本日のお電話日記。偶然と巡り合わせでトラブルに巻き込まれ、怒り沸騰のお客様(九州男子)の電話をとった。話を聞いていたらお客様は悪くない確率が高く、嘘をついている気配がない。大阪弁は親類縁者が大阪なので聞きなれているが、九州弁は聞きなれないせいか怖さ倍増。誰だ九州弁が萌える方言と言った人は。めちゃくちゃ怖いわ!と思いながら話を聞いて様子を見ていた。

 

お客様のお怒りは臨界点を突破してるので、謝っても焼け石に水。オペきちはあくまで仲介役なので、お客様に「やります」「させます」と言える立場ではないので、お詫び以外で言えることは「責任者に伝えます」「お話の内容を確認させてください」のみ。情報はオペきちの手元にはないから説得もムリ。

よって、謝ってクールダウンしてもらうしか道はないというデスロードを爆走→もう宥められないから諦めてトラブルの原因になった担当部署にリリースした。

宥めるのが仕事って?いや、わかってるけど人間やれることにも限界あるから。平行線過ぎてムリムリ。

こっちは九州弁で罵倒されたショックでしばらく動揺して仕事にならなかったっちゅーねん。そんな姿を見た前の席のおじさんが「九州弁で思いっきり怒鳴られたくらいで('・c_,・` )プッ」「ひきずるなぁ」と囁いたから今度はオペきちが心の中でヒートアップ!

「びびって何が悪い!聞きなれない言葉で罵倒されたら大概の人がびびるやろ!!ビビりで悪かったね!!引きずったのは確かにあかんかったけど、まだ異動して一ヶ月弱のわりには上等やと思いますけど!!」と脳内で絶叫しました。

一方で、怒鳴られたらすぐびびるビビりにはこの仕事向かんのかなぁ。という悩みが増えました。びびりでも慣れたら立ち直りが早くなるはずだから、何とかやっていけると思うんですけどねぇ。甘いかなぁ。とりあえず半年は今の部署にへばりつきたいから何とか頑張りたい

 

メアドをもらいました(泣)

「業務応援だからか、メアドも個人アカウントもありません(キリッ)」と言い切り、依頼される雑用を断っていたら、めでたく新しいメアドとアカウントが作られました。

聞こえる。。。背後で雑用の足音が聞こえる。。。。((((;゜Д゜)))

良くはなってる

最近、立ち止まらずに会社へまっすぐ行けるようになったオペきちです。こんばんは。

めっちゃ調子の良いときは歩きながら音楽聞ける日もでてきました。すごい回復っぷりです。そんでもって、己の身なりに注意がいくようになり、化粧に時間をかけたり、洋服や靴を会社帰りに楽しく物色することも出来るようになりました。

服の色が目に突き刺さらない!可愛い・可愛くないの判別をしながら服が見れるようになる日がもう一度来るなんて夢のようだ!!と、ものすごく喜んでいる今日この頃です。

しかしながら体内時計はずれまくってるので、仕事中はカフェインで無理くり補正をして乗りきっています。

怖いのが、たまにカフェイン盛りすぎてテンションが若干「ヒャッハー(躁)」になるとき。仕事中にヒャッハーしたら反動で眠くなる上に、ヒャッハー中に人と会うとテンション高すぎて「元気すぎて腹が立つ」と反感を買います。

 

奇跡のメンタル

病院の先生曰く「オペきちは奇跡的にメンタルが強い」らしい。平均レベルのメンタルの強さだったら君いまごろ死んでる状況であることを自覚せよ。という非常にまずい状況らしい。

が、奇跡のメンタルから絞り出した気力で「元気な私」を装えてしまってるので、周りはオペきちのヤバさを察することができないらしい。で、元気のさじ加減を間違い、過剰に演出した結果「ヒャッハー」なテンションになるそうです。

そんな装い続ける生活を続けるといつか力尽きて倒れるか死ぬから。疑う奴が来たら先生説明してあげるから病院つれてこいと言われる程度には不安定だと自覚せよと今耳にタコができるレベルで言われています

増加する体重と比例して増えているもの

送別会の冒頭あいさつで名前を間違えられ、シメのあいさつで名前を飛ばされたオペきちです。こんばんは。

増加する体重と比例して増えているもの。それは自分を鬱すれすれまでおいこんだ上司への恨み。

済んだことをねちねち言っても仕方ないのは百も承知なのだが、安定剤を飲むはめになったのも、休みの日はずっと横にならざる終えない状況になったのも、元上司のせい。そいつは何も痛みを追わずのうのうと働いてるのか。とおもうと悔しくて夜も眠れない。

そう思う一方で、おもいだし怒りでもキレる元気が出てきている自分の回復っぷりを嬉しく思う

順調にデブってます

心の赴くままに横になり眠ってたらブクブク太りました。人生最高体重を更新中です。

起き上がれないときは無理して起きるな。今は腹くくって眠れ。休め。負荷をかけるな。という病院のアドバイスを素直に聞きすぎたのだろうか。と今反省中です。

オペきち的ダイエット準備

太りました。そろそろ限界体重を突破しそう。痩せよう!痩せるために運動しよう!と決意した。

現実

試しに、比較的心の調子がよいときに体を動かしてみたら、動いていない期間が長すぎて「運動したら痩せる前に怪我する」レベルで体が動かなくなってました。

 食事は「噛みたくないから」という理由で

勢いで飲み込める麺系をチョイスする日がめちゃくちゃ多い。しかも早食い。

そりゃー太りますわなー。調子が良いときはなるべく一汁三菜を心がけるようにはしていますが、やっぱりどうしても麺が多くなります。

 

地味な改善策

今の状況で無理してもつづかん。と思ったから、とりあえず簡単な目標を3つ立てた

立てた目標は、食事は噛んでゆっくり食べる、体をほぐすストレッチはやる、間食するときはスナック菓子やジュースを避ける。というごくごく簡単なもの。こんなかんじでゆるゆるやっていきたいと思います

太った

仕事中はほとんど動くことがなく、休み中はずっと横になっているが食べる量は変わらない。という生活を送り続けた結果、しこたま太ってしまいました。

異動する前に太った二キロに+αされた結果、今まで生きてきた中で最高記録の脂肪率と体重になってます。

「痩せるためには食うな。動け。寝るな」って話になるわけですが、

ここ数日、休みの日に起き上がれる日が増えて喜び、ちゃんとしっかり味を感じて食べられてることに感動しながら食事してる病み上がりな現状を踏まえると、心身ともにもうちょいマシになってからダイエットした方がいいような気がする。

そういうわけで、体重に関してはとりあえず今はやせることより現状維持を意識して暮らしていこうと思う。

そんな今の私の口癖は「今の服が入っていればそれでよし」です