読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虫は苦手だけど好きになってみようかと考え直した話

表紙を見て一目惚れしジャケ買いした新書があります。

 

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)

 

 

この方はサバクトビバッタというアフリカに生息しているバッタを現地で研究している昆虫学者さんらしい。

「バッタが大発生し、ありとあらゆる食物を食い荒らしていく」という自然災害があることは知っていた。

この本を読んで、バッタが大発生するメカニズムは詳しく解明されていないため、発見次第、殺虫剤で殺すという対処療法でしか対応できないということ、バッタは群れると攻撃的になるらしいということを恥ずかしながら初めて知りました。

ニュースでは知ることのできない現地での生活や大自然のなかであるがゆえ起きるトラブルは「そんなことあるんかい!」と失礼ながら大爆笑してしまった。

困難にぶち当たる度、あの手この手で工夫しながら壁を越えていく筆者の姿や筆者の背中を押し、助けて研究を進めていく仲間達の姿はそんじょそこらの冒険小説より面白い。「私が編集者なら、少年ジャンプかビックコミックスピリッツで漫画化するな」と思う。

こう書くと「スティーブジョブスの自伝みたいな、自慢話ばっかりかいてあるんだろう」と誤解される方もいるかもしれないですが、そこはご心配なく。筆者には失礼ですが、「ドリフかよ!」と笑ってしまう失敗談のほうが多いような気がします。

大笑いして、ホロリと泣いて読み終わったあと、アフリカやバッタが少しだけ身近に感じられるようになりました。

こんなに面白く感動させる筆者が愛してやまないバッタのことをもっと知りたくなって、筆者が書いた「孤独なバッタが群れるとき」という本を開きましたが

 

孤独なバッタが群れるとき―サバクトビバッタの相変異と大発生 (フィールドの生物学)

孤独なバッタが群れるとき―サバクトビバッタの相変異と大発生 (フィールドの生物学)

 

 昆虫嫌いを克服しはじめる気になった虫初心者にはちょっとハードル高かったです(写真的な意味で)。

 

追伸 ※ちょっとネタばれ※

私の中のお気に入りエピソードは、子供にバッタを捕まえさせた話(1回目)と音速の貴公子の離婚+再婚話です。

 

腰を痛めた

元気になりつつはありますが回復はしてないなぁ。と思うのは休みの日。

なぜなら横になりっぱなしで起き上がれない日が続くから。

じわじわと座っていられる時間は増えている。調子の良いときは出掛けられる日もふえた。だが、まだまだ座ってられなくて横になる日がダントツに多い。

「筋肉落ちた気がする」「というか間違いなく落ちて脂肪に変換されてる。なぜなら激太りしたから。。。」「痩せようと思って歩いたら前と同じ距離が歩けない。」という事態が起き、横になってた期間の長さを痛感していたある日、腰に違和感が。

足を前に運ぼうと思うと腰が回らない。仰向けになろうとおもったら腰がいたくて伸ばせず、横向きになって腰を少し曲げる体勢でないと横にもなれない。

なにこれ?まさか寝すぎて腰を痛めたの私。。。?そんなことあるの?とびびりながらグーグル先生に聞いたら結構そういうことは世の中で起きているらしく、痛みを和らげるストレッチなどを多数紹介されました。

試しにやってみようと思います。しかし腰痛いわー。湿布貼ってるけど痛いわー

おもちゃを手に入れた!

苦情処理係、オペきちです。

苦情処理=苦情が掛かってこない限り出番なし。待っている間は何していてもオッケーなわけです。

定年間近なダンディでほぼ構成されている現部署。待ちの間は昼寝したり動画見たりと比較的フリーダム。会社の部署としては学級崩壊状態です。

じゃあ、オペきちも腐ったリンゴになるかー。という誘惑もありますが、鼻差で年相応に働かねば。という良心が勝ったので、旅行オペレーター時代にやってた経験を生かした苦情処理の集計を始めました。

そしたら部長から「好きなようにやりなさい」とお墨付をゲット。

その後、溜めっぱなしの苦情データの場所も教えてもらったオペきちは「集計」という名目でひたすらエクセルをいじり倒して遊んでいます

体がものすごい勢いで健康になっている

異動して残業時間が劇的に減少し、帰宅時間が早くなった。

結果、体内時計がものすごい勢いでズレを修正したらしく、保育園児ばりに規則正しい生活スタイルで眠気やら食欲が襲ってくる。

 

いつも生でみていた夜のニュース番組は眠すぎて見れない。夜ドラマは録画。休みの日は必ずお昼寝。という生活に頭が大混乱してます。頭は元気一杯なのですが体が付いていかない。

思うように動けないことにいらつきはしますな、眠くなって寝れる日がまた来るなんて!という喜びの方が大きいので、眠くなったときはぐーすか寝ております。

 

そんでもって、会社にまっすぐ行けるようになってからは歩き回る元気も復活。

結果、規則正しい食生活になり活動量が増えた結果、ニキロ痩せました。

どんなけ不健康やったんや!と思わんこともないが、そもそも人に怒られまくる職場で、追い詰められたときの馬力で挽回するよりも、安定した対応ができるよう、自分の気持ちのコントロール力が試される職場になったから、必然的に無理をしなくなり健康になったってのも理由のうちの1つかなと

一ヶ月経った

苦情受け付け部署生活、一ヶ月半経って痛感したことを書きためる。

 

 心と体、連動してた件

「心と体は連動してるんだよ?」と言われたときは鼻ほじりながら話聞き流してました。

全くもって信じておりませんでしたか、オペきち間違ってました。

体がヘナヘナで心が元気なときは、無駄に考える元気がある分、切れやすくなった結果、お客様対応をミスってドツボにはまり、心がヘナヘナで体が元気なときは判断ミスで処理をミスる。という事実に今さら気づきました。

無理しなくなった

そんなアンバランスな状態に陥ったとき、体が元気なときは体力で、心が元気なときは気力でカバーして無理矢理乗りきってました。

が、ここでは悪いことしか起きない、他部署からも敵視されるという報われない仕事と向き合い続ける所なので、悪いことを解決する能力ではなく流す能力が求められます。

無理しても空回っていいことなーい.゚+.(・∀・)゚+.゚むしろ流す余裕が必要。その為には体の調子と心の調子を、いついかなるときでも整えておく徹底した自己管理が必要であります。

無理して取り繕うより無理せず流す余裕をいつも持てるように自己管理するのは、オペきちにとっては死ぬほど難しいです。

無理して挽回。という選択肢で乗りきってきた今までのやり方が無茶だったのかなぁ。と今反省しております

人間不信

苦情を言うお客様が嘘つきばかりで人間不信なオペきちです。こんばんは。

いや、こっちは嘘付いていようがいまいが、どっちでもいいんですよ。仕事に支障ないから。なだめて「もっぺん話し合ってくださいな」というのが仕事なんで。

でもね、調べればすぐわかる嘘をついたり、我こそは正義!と言わんばかりのお客様が代金払ってなかった!とかそういう事例多すぎ!!(ヽ´ω`)

対お客様は「ご迷惑をお掛けしてすみません(あーこれ嘘ついてんな)」

対取引先は「お客さんが嘘ついてるかと思うんですが」と前置きして話す。

お客さんの話をそのまま伝えて「話違います」「嘘でしたかコレー!(゚∀゚)」という会話が日常茶飯事な毎日は意外と堪えるかもしれんな。。(ヽ´ω`)

折角よくなってきたのに、油断したらぶり返しそうだ。。気を付けねば

小康状態

まだまだ課題はあるものの、睡眠薬も切れて小康状態に持っていけた。

ここまでいけたのは周りの人の協力もあることなので、、、と思い

事情を知っている会社の人に「通院回数減った」ことはお礼がてら報告しようと考えた。

 

ちょっとひっかかった

報告を受けた人の反応は「あの部署ならよくなる」「元気になったのね」だった。

いや、通院回数減ったってだけであってまだ薬は飲んでいるよ。油断はできないんだよ!?と言いたい気持ちをグッと押さえて「まだ医者には油断するなと言われています

」とだけいった。

しかも「あの部署」って表現なんだよ。定時上がりできても離職率ナンバーワンだぞ!

だめだ、だめだ。あんま考えると悲劇のヒロインぶった嫌な奴になりそうだ。

体にも心にも悪いから考えるのやめた。

とりあえず自分にできることをやって、ひっかかった思いはカウンセリングでぶつけよう。