読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おくすりふえたね。。(´ー` )

昨日病院に行ったらサインバルタが20×1錠から20×2錠に増えました。

ゴールが見えて力尽きてるからか、最近は調子崩した原因であるブチョーの顔をみると胃がムカムカして吐き気がします。つらい。

カウンセリング記録

診察記録

昨日はカウンセリングの日ー。

通う場所を変えてみた

前通っている場所に不満はなかったが、お金の都合で安くつく。という理由から、通っている病院と併設している今の場所に変えました。

今回は初っぱななので、今までの経過と今後どのような方針でやっていくか検討する話がメイン。

話し合いの結果、個性以上、障害未満のグレー発達障害とどう折り合いをつけるために必要な対人トレーニングをメインに据えて進めることにしました。

つぶれやすい思考回路

オペきちの辞書のなかに「余力でやる」という言葉は存在せず、なんでも全力でやる癖があるらしい。それ以外にも、物事をそのまま捉えずネガティブに解釈する癖など、何かと潰れやすい思考回路をしているらしい。

他「そこは普通黙るんや!」「そもそも会社へ異議申し立てするって思考回路がサラリーマンのなかにほとんど存在せぇへんのに、お前はそこでなぜ物申す!」と周りが突っ込みたくなるような言動でしんどくなる。人に合わせようとしすぎ。など、色々な問題定義をしてもらえるようなカウンセリングになりそうです。

「多数派、少数派という分け方は無意味だとは思うけど、そういう見方で行くなら多数派はそういう振る舞いはしないですね( =^ω^)」 と笑いながらぶっ刺していくカウンセラーさんから2週間にいっぺんと提案されましたが、メンタル面を考えると2週間に1回刺されに行くのはきついので月1で頑張りたいと思います

ごめんなさい後輩

オペきちの後釜に、経理として大切に育てよう!と言っていた後輩が来ることを知りました。

その子、入社当初は「外向きの部署は向かない」といわれて経理として入って三年間頑張ってたのに、、、。

オペきちがあばれたせいで後釜に、、、、。

人事の玉突き事故の被害者になったことは多々あるが、まさか加害者になる日が来るなんて、、、、。

オペきちが頑張って収まるべきとこに収まっていればよかったのに、、、。

と思うけど、じゃあお前頑張れるかと言われたら正直頑張れない、、、、

休みの日は起き上がれない。ずっと横になる生活が改善しないかぎりあそこに行くのは無理だ。。。。人より自分の心配をせねば。

でもその子のことを考えると辛い

 

罪悪感にさいなまれる

呪いの業務で一日の業務が止まり残業続いてるオペきちです。こんばんは。

異動にはなったものの、やっぱり自分の耐性がなかったからかと落ち込んでぐるぐる。

頭と手はやっぱり動かず。思うように処理できず仕事が進まない。

もう無理じゃないか。こんなみそっかす働いてたらいけないんじゃないか。と頭ぐるぐる。最後に残った爪のさきっちょほどの理性で、このままいったらやばい。ビルの屋上か線路にいってまう!と思い、慌てて仕事切り上げた次第ですが、そんな切り上げた自分にたいして罪悪感を持つという無限ループにはまってます。

カウンセラーさん曰く、心のガソリンがかすかすだからすぐに疲れて当たり前。

仕事はある程度自己犠牲が必要だけど、出来る範囲でわりきるってのも大切なんだよ。もっと割りきっていいし逃げていい。じゃないとつぶれる。らしい。

(このへんは後で書く診断記録をご参照下さい)

呪いの業務のお陰ですべてが止まる

オペきちの要領が悪いからとおもいますが、呪いの業務のお陰で他の業務がすべて止まります。なきそうです

病院なのに財布忘れたぁぁぁ

今日は診察なのに家に財布忘れる。という暴挙をしでかしました。食事は絶食できるが診察代は待ってくれない。ピンチ。

でも病院行く前に気づいて良かった。明日も診察だからまとめてお支払できないか交渉しよう♪

病院に電話を掛けて事情を説明後、明日にまとめてお支払をお願いできないか相談したらお姉さんはけんもほろろに「当日中のお支払でお願いしてます」と仰った。当然だよね。

そこをなんとか!と粘ってみたらお姉さんも折れない。

おねえさん「お引き出ししていただくとか無理ですか?」

いや、引き出せるならこんな電話かけてないわ!と突っ込みながら「銀行のカードも忘れた財布の中です」と答える。

おねえさん「誰かに借りてもらうとか?」

やっぱりそうなりますよね。借りれるかは額面によるので診察代の額を聞くと三千五百円くらい。という返答が来た。一人に借りるのには抵抗あるわー。でも仕方ないわー。今日カウンセリングだから支払い額は高めだしキャンセルしたらキャンセル料かかるしなぁ。

と考え込んで結局回りの人に借金しました。

借金辛い

 

洗いざらい話す方向で

倒れる準備はできている

親会社のお客様センターへ異動になったよ。という話の続き。

異動がわかって最初に考えたことは「通院をどうしようか」だった。

件数少な目とはいえ、クレーム処理業務に今の自分のメンタルが耐えられるかは微妙+親会社はメンタル対策に関する意識は高い環境であることから、今の自分の状況を洗いざらいカミングアウトする方向で話をつけました。

ここまできたら下手に隠すより鳴り物入りで入った方が異動先の部署にとってもオペきちにとってもやり易いだろう。

メンタルやられかけてるのは事実。それで使いにくいやつと会社から判定されるのは当然。

メンタル弱めでもコイツ使いたいな。と思わせる人材になるかどうかは、これからの自分次第。メンタルの弱さをカバーできる何かが見つけられるように無理せず焦らず今の状況をキープすることしか今はできない。