受け付けないライン

月1のカウンセリング記録。自分用。

 

本日のカウンセリングはかなりパーソナルな話をしました。

体調を崩すきっかけになった上司の立ち居振舞いが幼少期の体験に根差してるかもなぁ。という、ありきたり、かつ、絵にかいたような結論に一旦落ち着きました。

 

そりゃ、人間ですから生きてきた環境によって「どうしても受け付けない」ラインってのはありますよ。

そのラインができた理由を己の体験から来てるんだ!環境のせいか!という安直な結論でそのまま終わらせちゃっていいんですかね?という疑問もわいてきました。

そりゃ、育った環境とかどうにもならない部分で体験せざる終えない経験もあるけど、その経験をして「こんなふうに感じた。こういう判断をした」のは自分自身な訳ですから、環境のせいでこうなったのか!と納得するのは違う気がする。どっちかというと「こういう環境におかれて自分で考えていきた結果、こうなったのか!」という納得の仕方で、この心の中にひっかかってる「受け付けないライン」を受け入れたい。

 

そのうえで、どうしても受け付けないラインの位置を引き直したりとか、いっそラインを消しちゃうとか、「うっせえ!嫌いなもんは嫌いなんだ」と線をより強くを引き直すなどの決断を下していきたいですなぁ。と思いました

腸炎きっつー

オペきちはお腹が弱いです。ガラスの消化器の持ち主です。

最近はストレスも激減し、体に気を配る余裕もできた結果、食生活やドカ食いに気を付けていたからか「自分はお腹が弱いんだぞ」という事実を忘れるくらい超平和でした。

ストッパからも卒業できるんじゃないかと希望を持ち始めたある日、ぶっつづけで一週間ほどお腹が大荒れしました。油もんや脂肪的なものを食べたら荒れるので、消化にいいものを食べてしのいでいたのですがそれでも収まりません。食べるもん食べてないと体力もつかない→体力が削られるの負のスパイラル

に陥ってヘロヘロです。乳酸菌欲しい。薬くれ。

ということで病院にいったら「腸炎だと思います。荒れるのは自然現象で止めると体によくないし何よりまだまだ元気そうなので脱水にだけ気を付けて耐えてください」と言われてしまった。ぬぉぉーーー!!(|| ゜Д゜)

そういうわけで、今ある意味めっちゃ根性だして生きてます。お腹いたいよー

久々にキレそうになった話

私の2-3年後に入った後輩が心の不調で長期休暇に入った。

自分は回りの人の優しさと、色々なラッキーが重なって、長期間休むこともなく、お医者様もビビる驚異的なスピードで回復を遂げているけれど、起きた出来事のどれかが欠けたり、タイミングがずれてたら後輩のようにぶっ倒れてもおかしくはない状態だったので、他人事と割りきることはできない。

しかし、こればかりは本人の気力がどうにかなるまで見守ることしかできないのも分かる。後輩が会社に戻ることよりも、気力が尽きる前に充電を完了して、後輩が自分自身で後悔のない選択ができるレベルまで回復することを願うくらいしかできることはない。

あとは、後輩が戻ってきたときに備えて、面白がって話す人たちに己の体験を交えながら「そんな気楽なもんじゃないんだよ」と、正しいニュースソースとともに彼らにそれとなく伝える事くらいではなかろうか。そんなことしかできない。

 

そんなある日、オペきちが体調を崩したきっかけになった元上司が「あいつが戻ってきたら、俺が1から鍛え直して面倒みます!!」と偉い人に行ったらしいという話を聞いた。

何が鍛え直すだこの阿呆。と反射的に思った。

元上司は、人手足りないし部下だったときに使いやすかったしポイント稼ぎくらいになるんじゃね?という軽い気持ちでそんなこと言ったのだろうな。引き受けるって言ったんだろうな。本当に心配してたら鍛え直すなんて言葉のチョイスはでないし、状態も詳しく聞かずに軽々しく引き受けるなんて言わんだろう。こいつはオペきちも含めて3人は部下クラッシュしてるのに何も学んでないのだなぁ。と思うと久々に腹立ってきた。

しかし、そこは大人なのでキレなかった。

が「まぁ、後輩が戻ってきたと仮定しても、良くも悪くも、元上司の部下として働いていた当時の後輩とは違うってことをわかった上で、そんなこと言ってるんですかね」という冷めた返しになってしまった。

 

後輩が復帰するかどうか定かではないし、完全に感情的になってはしまっているけれど、鍛え直すという一言がやっぱり許せないオペきちでした

いい塩梅を模索中

理由はよくわかりませんが、最近、仕事でもやもやする機会が多くなりました。

前みたいに「なんでもやもやしてるんやろ?」と考え込むことはありません。

かわりに、理由はわからないけどもやもやしてるな。気が向いたときに考えようか。で済ませ、もやもやを抱え込んだまま、のんべんだらりと働けるようになったおかげで、前ほど変に追い詰められることはなくなりました。

追い詰められなくはなったけど、考えるのは相変わらずで、なんでやねん!なんでそんなことになんねん!なんでそこスルーすんねん!と心の中で叫ぶことは多いです。

そんな叫ぶ自分と、のんべんだらりとする自分がいい感じで共存できるような働き方ができればいいなぁ。と思う今日この頃であります

 

当たりました

調子がよくなり、ご無沙汰していたゲームもがっつりやりだしています。

ニンテンドーswitch、欲しいなぁー。

よし!買おう!と思ったときには品薄になってました。

これ、しばらく買えないなぁ。と思って、あまり期待しないでswitchの抽選販売に参戦していました。

ほのかな期待を持ちつつ、ぬるぬるとエントリーしていたら、2回目のエントリーで無事に当選しました!おおお!!大当たり!!

 

自分が当たった影で誰かが泣いていると考えると素直に喜べませんが

やっぱり楽しいので!ありがたくガッツリやっております。肩がバキバキになって頭痛になるレベルでやりこんでる駄目な大人になっています。

頭いたい肩イタイでもやりたい。の繰り返しです。

子供の時はゲームで肩こりとかなかったのに!年取ったのかしらね!!(泣)

 

近況報告

ごぶさたです。オペきちです。

抑うつをきっかけに苦情処理窓口に異動しました。

どうやら異動先の「定時きっかりに終わる」体制と「ストレス過多になる前に逃げろ」が徹底されてる方針のおかげで、奇跡の回復を遂げています。

今になって、どん底期を振り返る余裕も出ました。

当時を振り返り思うことは、どうにもならないことと解ってはいるけれど、割りきる余裕もゆとりも失っていたなぁ。です。

逃げる、辞める。という選択肢は「自分のクズっぷりを考えたら、逃げても辞めても先はない」の一点張りで却下。

進み続けるか倒れるかの二択しか見えず、進もうと思っても足が動かず立ち止まってしまう自分にいらついていた当時の自分に出くわしたとき、何て声をかけるかなぁ。と最近よく考えます。

 

いくら考えても、ちゃんとした答えはだせません。

何言っても耳に入らないし見えないから、休めも辞めろも言わないだろうなぁ。と思います。

話す気力もないから、側でみてるくらいしか出来ないのではないかなぁ。と思います。

調子よくて話し出したときに話をきいて、「頭混乱してるように見えるよ?ちゃんと寝てるか?」と聞くくらいが精一杯かもしれん。

あとは、目覚まし時計をこっそり止めて、無理矢理寝坊さして休ませるくらいかなぁ。

いつか自分と同じような状態の人と出くわしたときに、私はちゃんと対処できるのだろうか

 

 

 

 

先輩がへそを曲げたもよう

微妙な距離を保ちつつ仕事している先輩がへそを曲げたもようです。

いやー、おぺきち、ただマニュアルつくってたんだけどなぁ。

没頭してたから、せんぱいがなんでヘソをまげたのかわかんない。(´・c_・`)

ぼっとうして、過集中はいって、先輩への受け答えが塩対応になっていたからかなぁ?

ヘソ曲げたタイミングがわからないから、原因もわからない。

原因もわからないから、フォローの仕方もわからない。

わからないから、明日の反応見て機嫌とらないとわからないよね。

というわけで、明日の重要ミッションは「先輩のご機嫌とり」に決まりました。バチパチパチ